交通事故の損害賠償で対処できる門扉

交通事故が発生したら、警察へ連絡しましょう。自宅の門扉に、他人の自動車が追突してしまった場合も、交通事故として警察へ届け出ます。警察官が訪問してくれます。現地調査を行い、物損が確認できれば、自動車の運転手から損害賠償をしてもらうことができます。もちろん自動車の運転手は、保険会社に加入しているでしょうから、実際の損害賠償は保険会社から行われます。相手を特定できなければ、泣き寝入りになってしまうことも少なくありません。自宅の門扉に自動車が追突しやすい環境ならば、監視カメラを設置しておくと良いでしょう。車種を特定できるだけでも、自動車の運転手を見つけやすくなります。門扉に衝突すると、自動車の塗装が付着することがあります。塗装が付着していれば、塗装から自動車を割り出すことも可能です。所有者が修理にでしている可能性が高いからです。門扉への損害も、交通事故の一つとして処理してもらいましょう。

交通事故の損害賠償も補償できる保険

交通事故は、いつ起こるかわかりません。そして、自分が被害者だけでなく、加害者になる可能性もあります。交通事故を防ぐためには、安全運転を心がけることが必要ですが、それでも万が一起きてしまった時のことも考えて備えておくことが大切です。自分が加害者になってしまった場合、損害賠償を請求される可能性があります。その金額が自賠責保険の補償する金額を超えてしまった場合、超えた分を自費で支払わなければなりません。任意の自動車保険に加入していると、そんな場合も安心です。補償金額は加入時に設定することができます。最大無制限に設定することができます。また、特約で、弁護士費用などを補ってくれる保険などもあります。自分の身を守るためにも、相手に十分な補償を支払うためにも、任意の自動車保険に加入することを検討することが大切です。

交通事故の損害賠償請求額は専門家に任せて算定

交通事故に遭うと人身事故になる確率が高く、また、高速で走行中の事故程悲惨な結果を招くことが多くなりますが、それでも高速道路だけでなく街中を疾走している車をしばしば見かけます。このため、道路交通法が整備され、道路インフラが次第に良くなってきても交通事故は減りこそすれ、なくならないようです。その結果、交通事故に遭うと人身、物損の両面から損害賠償の交渉を行う必要がでてきます。人身被害を受けると第一に治療費や手術費の他に通院、あるいは入院に関わる費用が発生します。後遺症が残るようであればリハビリ費用も発生します。次いで、通院や入院で仕事を休む必要が出てくるので休業による損害が発生します。また、後遺症で事故前と同じように働けなくなれば将来にわたって得られたはずの収入を失うので、逸失利益がカウントされます。但し、企業勤務であれば仕事を休んでも一定の給料支払いがあるはずなので、仕事を休んでも全額を支給されることにはなりません。損害賠償請求項目としてその他に、事故に遭って受けた精神的、肉体的な苦痛に対する慰謝料と破損した車の損害に対する補償等が主な項目ですが、事故の状況により請求できる項目や金額の算定には詳細な認定作業が必要になるので、深刻な被害を受ける程、弁護士等の専門家に相談する方が無難です。

正当な賠償金を受け取る為に専門的な知識と経験を持った交通事故専門の弁護士が担当します。 年間160件以上の交通事故分野の法律問題を取り扱っています。 交通事故の法律問題は中村・橋本法律事務所におまかせください。 初回相談料無料です。土日祝日・夜間も事前予約にて対応。 適正な賠償金は素人にはわかりにくいものです。事故後の煩わしい交渉も弁護士ならスムーズに行います。 交通事故の損害賠償についてお気軽にご相談ください